「ワキガ菌」とは?対策するにはこの成分!

「ワキガ菌」とは?対策するにはこの成分!

ワキガのにおいはアポクリン腺から出る汗が常在菌により分解されることで発生します。つまり、汗と菌がワキガの原因なのです。においを引き起こす原因となるワキガ菌について、特徴と対策をご紹介します。

 

「ワキガ菌」とは?対策するにはこの成分!

ワキガの人は汗と菌の種類が違う!

私たちの身体には常在菌と呼ばれる微生物が存在しており、病原菌の繁殖を抑える働きがあります。常在菌の中には汗を好むものがあり、代表的なものが表皮ブドウ球菌とコリネバクテリウムです。

 

美肌菌と呼ばれる表皮ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌は、エポクリン腺からの汗を分解してグリセリンを排出します。お肌を弱酸性に保ち、しっとり潤った状態にしてくれることから美肌菌とも呼ばれる善玉菌です。

 

菌の多くはアルカリ性を好むため、皮膚を弱酸性に保つことで、病原菌をシャットアウトすることができます。適度な汗をかくことは、美肌菌を増やすためにも欠かせないのです。

 

洗浄力の強すぎる石けんを使うことは、表皮ブドウ球菌を減らすことになり、お肌のバリア機能を低下させてしまいます。ボディソープや石けんは低刺激のものを使い、汚れと過剰な皮脂だけを落として、必要な潤いと美肌菌を落とし過ぎないことが大切です。

代表的なワキガ菌「コリネバクテリウム」

一方、コリネバクテリウムはアポクリン腺からの汗を好み、ワキガ独特の刺激臭の原因物質を発生させます。コリネバクテリウムはアポクリン腺の汗がないと増殖できないため、ワキガの人に多く、ワキガでない人にはほとんど見られないと言われます。

ワキガ菌を殺菌するのに効果的な成分は?

ワキガの臭いを抑えるためには、アポクリン腺からの汗を抑えることと、ワキガ菌の増殖を防ぐことがポイントになります。ワキガ菌の殺菌に高い効果を発揮するのがイソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)と言う成分です。

 

イソプロピルメチルフェノールは、殺菌作用のある成分で、防カビ・防腐・殺菌のための成分として、石けんやニキビ化粧品、デオドラントなどに幅広く使用されています。高い殺菌効果が期待できる一方、低刺激で肌にやさしいのが特徴です。

 

高い殺菌効果を持つと聞くと「美肌菌もなくなってしまうのでは?」と心配になってしまいますよね。厚生労働省ではイソプロピルメチルフェノールの濃度を化粧品では0.1%以下、医薬部外品では1%以下と制限しています。

 

この範囲内であれば、副作用を心配する必要はありません。使用方法を良く読み、正しい用法・用量で使うことが大切です。

イソプロピルメチルフェノール配合アイテムがおすすめ

ワキガ対策アイテムを選ぶ時には、イソプロピルメチルフェノールが配合されているかどうか、必ずチェックしましょう。

 

クリアネオ、ノアンデ、ラポマインなどの人気ワキガクリームは、イソプロピルメチルフェノールを配合した医薬部外品となっており、高い殺菌効果が期待できます。制汗作用のすぐれたフェノールスルホン酸亜鉛配合で、汗と菌の両方にアプローチできるのがうれしいですね。

関連ページ

クリームは有効成分をチェック!付加価値で選ぶもの◎
ワキガのにおいはアポクリン腺からの汗をワキガ菌と呼ばれる細菌が分解することで発生します。ワキガ独特の刺激臭を抑えるためには、汗を抑える制汗成分と殺菌成分が配合されたワキガ対策アイテムがおすすめです。
ワキだけじゃない!ワキガになりやすい部位
「ワキガ」と言う名前からもわかるように脇の下はワキガになりやすい代表的な部位です。しかし、ワキガになるのはワキだけではありません。ワキ以外でもアポクリン腺の多い場所は、ワキガになりやすいのです。ワキガになりやすい部位について見て行きましょう。
子供にも増えてる?子供のワキガ対策はここに注意!
ワキガの子供が増えていると言われます。ワキガ治療を行っている医師の間では、「お子さんのワキガ相談が増えた」との声もあり、ワキガの発症も低年齢化していると言われます。子どものワキガが増えている原因と対策の注意点について見て行きましょう。
話題の消臭成分「柿渋エキス」とは?
清潔志向の高まりの中で、臭いを気にする人が増えています。そんな中、今、注目を集めているのが柿渋エキス。加齢臭対策の石けんなどに含まれている成分ですが、ワキガにも効果が期待できるのでしょうか。柿渋エキスの特徴と期待できる効果についてご紹介します。
クリームを使う前に!石けんにもこだわってみよう
ワキガクリームを使うのなら、体を洗う石けんやボディソープにもこだわりたいですよね。ワキガ対策のための石けん・ボディソープ選びのポイントは「殺菌成分が配合されている」「消臭成分が配合されている」「必要な潤いを奪わない(保湿力)」の3つです。順番に見て行きましょう。
どう違う?加齢臭との違いを徹底検証
ワキガと同じく、大きな悩みとなるのが加齢臭ですよね。ご主人のシャツなどの臭いが気になって、対策に頭を悩ませていると言う女性も少なくないのではないでしょうか。実は加齢臭とワキガは全く別物です。ワキガと加齢臭の違いについて見て行きましょう。
病気じゃない?だったら治すことはできないの?
ワキガはアポクリン腺の数が多い人に見られるもので、病気ではなく体質です。ただし、場合によっては「腋臭症」(えきしゅうしょう)と言う疾患として扱われます。病気でないと言いながら病気として扱われるーこの点がワキガのやっかいな問題を表しているとも言えます。ワキガの臭いと心の問題について考えてみました。