ワキに刺激を与えるようなことは極力控えよう!

ワキに刺激を与えるようなことは極力控えよう!

ワキガ対策クリームは、基本的にはお肌に優しい成分で出来ていますが、お肌に物理的な刺激を与えてしまうと、負担をかけてしまいます。ワキガ対策クリームがお肌の刺激にならないように、極力、ワキのお肌に刺激を与えないよう注意しましょう。

 

ワキに刺激を与えるようなことは極力控えよう!

ワキのムダ毛処理後に注意

ワキと言えば、女性ならムダ毛の処理が必要になります。ですが、ムダ毛の自己処理というのはお肌にトラブルを起こすリスクの高いものなので、細心の注意を払わなければなりません。

 

  • 毛抜きは使わないこと
  • カミソリは毛流れに沿ってゆっくり使うこと
  • 処理後はしっかり保湿すること

 

これらをしっかり守ってムダ毛処理をしないと、肌荒れなどの症状を起こし、ワキガ対策クリームの使用が難しくなってしまうこともあります。

 

また、ムダ毛処理の直後に使用すると、普段は何の問題もなく使っているワキガ対策クリームでも、ヒリヒリ刺激になってしまうことがあります。そのような場合は、肌状態が落ち着くまで使用を控えてみても良いでしょう。

 

ゴシゴシ洗わないこと!

ワキガの方は臭いを抑えるために、必死で洗浄してしまうことが少なくありません。ですが、実はこれがお肌に多大なダメージを与えてしまっていることもあるのです。

 

  • 強力な洗浄料
  • 強い摩擦

 

こういったことをしてしまうと、ワキのお肌を傷つけてしまうことにもなりますし、ワキにある良い菌までやっつけてしまうことになります。良い菌をやっつけてしまうと、皮脂など臭いの原因になるものを食べてくれる菌が少なくなるため、ますます臭いが強くなる恐れもあるのです。

 

ワキガ対策クリームを塗布する前には、「ワキのお肌を清潔にしてから」というのが基本ではありますが、過剰な洗浄はしないよう、注意しましょう。

 

擦りこまないこと!

ワキガ対策クリームは、臭いが気になるワキに直接塗布する使用方法となっています。ですが、クリームの塗布というとやってしまいがちな失敗があります。それは、「擦りこんでしまう」という失敗ですね。

 

確かに擦りこめば浸透するような気がしますし、効果も高まるのではないかと思い込んでしまいがちです。ですが、ごしごしと擦りこむような方法は、お肌を傷つけてしまう恐れがあります。

 

ワキガ対策クリームは、ワキに塗布して優しく馴染ませるだけで十分です。摩擦はお肌に多大なダメージを与える原因として知られていますので、注意して優しく塗布することを意識しましょう。

関連ページ

合わない場合は使用を中止して!
ワキガ対策クリームは、体にもお肌にも負担が少なく、気軽にできるワキガ対策という印象が強いですね。ですが、そんなワキガ対策クリームでも、誰にでも安心とは言い切れないのが現実です。肌質や体質は人それぞれですので、合わないと感じた時には、すぐに使用を中止しましょう。
諦めずに続けること!
ワキガ対策クリームに期待を込めて使い始めてみたけれど、思ったほどの効果が得られないという方もいらっしゃいますよね。即効性を感じる方もいれば、なかなか実感できない方もいるワキガ対策クリーム。ですが、もし実感できなかったとしても、諦めずにしばらく使い続けてみてください。