「うつる」ことはある?洗濯やお風呂などシチュエーション別に検証

「うつる」ことはある?洗濯やお風呂などシチュエーション別に検証

重度のワキガの場合には、本人がいなくても部屋ににおいが残ることがあります。空気に残るくらいなので「ワキガはもしかしてうつるの?」なんて気になるかも知れませんね。果たしてワキガはうつることがあるのでしょうか?洗濯やお風呂、性行為などでワキガがうつるのかどうか、検証してみましょう。

 

「うつる」ことはある?洗濯やお風呂などシチュエーション別に検証

 

【結論】ワキガがうつることはない!

ワキガ特有のにおいは、アポクリン腺からの汗が「ワキガ菌」と呼ばれるコリネバクテリウムにより分解されることで発生します。アポクリン腺の数は遺伝により決まるので、他の人から「うつる」ことなどあり得ませんし、コリネバクテリウムはワキガ体質でない人にはほとんど存在しないと言われています。

 

仮にコリネバクテリウムがついたとしても、コリネバクテリウムはアポクリン腺からの汗がないと生きていけないため、ワキガがうつると言うことはあり得ないのです。

 

「においがうつる」可能性はある

ただし、ワキガ特有のにおいが付着した衣類を身に着けることで、ワキガでなくても「ワキガのにおい」がすることはあります。この場合でもうつるのは「におい」であってワキガそのものではありません。

 

ワキガのにおいがうつったとしても、洗い流したり洗濯の仕方を工夫することで、においを消すことは可能です。この点については、しっかりと理解しておきたいですね。

 

参考:ワキガが起こる原因を詳しく知ろう!

 

お風呂でワキガの臭いがうつることはある?

汗がにおいの原因となると「ワキガの人と一緒のお風呂に入ったら、においがうつってしまうのでは?」と心配になってしまいますよね。ワキガの臭いは汗がワキガ菌によって分解されることで発生するので、お風呂に入って汗をかいたからと言ってワキガの臭いがうつることはありません。

 

逆に、しっかりと湯船につかり汗をかくことは、体内の老廃物を排出してにおいを軽減する効果があります。ワキガや体臭が気になる場合には、殺菌・消臭効果のある石鹸やボディソープを使うことも効果的です。湯上りには制汗・殺菌作用にすぐれたワキガクリームなどでケアすれば、朝まで快適に過ごせますね。

 

洗濯物のにおい移りを防ぐ方法は?

体のにおいはお風呂に入れば消えますが、洗濯物ににおいがしみついてしまった場合には厄介です。汗をかいた衣類を洗濯かごなどに長時間入れておくと、他の衣類にまでにおいがうつり、ワキガではないのにワキガ臭がする、と言うこともありえます。

 

衣類にワキガの臭いがしみつかないようにするためには、消臭剤を衣類にふりかけたり、消臭効果のある下着などを使うのが効果的です。予防策を講じることで、ワキガのにおいが衣類にしみつくのを防ぐことができます。こまめに洗濯するようにすれば「衣類自体がにおう」と言う事態も防げます。

 

衣類ににおいがついてしまった場合には、においのついた洗濯物は別にして、酸素系の漂白剤や重曹、セスキ炭酸ソーダなどを入れて洗います。お湯を使うのも効果的です。

 

それでもにおいが落ちない場合には、塩素系漂白剤を使ったり、衣類を煮沸するなどの方法がありますが、繊維を傷める可能性もあるので注意が必要です。また、クリーニングでは衣類にしみついたにおいを落とすのは難しい場合もあります。衣類ににおいがしみつく前に、消臭スプレーなどで予防するようにしましょう。

 

性行為でワキガのにおいがうつることはある?

「うつる」ことはある?洗濯やお風呂などシチュエーション別に検証

デリケートゾーンにワキガ臭がする「すそわきが」の場合、「性行為でにおいがうつるのでは?」と心配する方もいらっしゃるでしょう。アポクリン腺にはフェロモンの役割があると言われ、行為中に汗をかくことでにおいがつよくなり、においがパートナーについてしまうことも考えられます。

 

ただし、うつるのはあくまで「におい」。洗い流せば消えてしまいます。デリケートゾーンのにおいはパートナーが気にしていなければ問題はなく、気になるようであればデリケートゾーンにも使える低刺激のワキガクリームなどでケアすれば大丈夫です。

 

うつらなくてもエチケットとして気をつけよう

自分のにおいと言うのは、意外に気がつかないものです。ワキガ体質の方が多い海外では、小学生の頃からエチケットとしてにおいケアの指導をするそうです。

 

においは指摘しづらく、時として人間関係に大きな影響を与えかねない重大な問題です。ワキガかどうかにかかわらず、普段からにおいケアを習慣にしたいですね。

関連ページ

オロナインが効くってホント?成分から検証してみよう
家庭の常備薬として広く親しまれている「オロナイン軟膏」。どこのご家庭にもあることから万能薬的な使い方をされ、最近では毛穴パックなどで注目を集めているオロナイン軟膏ですが、なんと「ワキガに効く」と言う噂もあるんです。はたして「オロナインがワキガに効く」と言うのは本当なのでしょうか?成分や効能から検証してみましょう。
「大好き」と言う人も!「モテる」説を検証
においに対する感覚は人それぞれで、「ワキガのにおいが好き」と言う人も実は結構いるようです。実は、「ワキガはフェロモン」とも言われ、その人のにおいを好むのは生物としての本能に基づいているとも言えるんです。「ワキガはモテる」説について考えてみました。
ハーフには多い?外国人のワキガ率と遺伝について検証
「ハーフはワキガが多い」と聞いたことはありませんか?ハーフにワキガが多いと言われるのは、外国人のワキガ比率が高いことと、ワキガが優性遺伝であることが関係しています。果たして「ハーフはワキガが多い」と言うのは事実なのでしょうか?説について検証してみました。
芸能人やモデルにも?有名人について知りたい心理を検証
テレビに出ている芸能人やモデル、女優さんなどが「ワキガがどうか知りたい」と言う人は少なくないようです。中にはワキガと噂されている芸能人が「手術したらしい」などと言う噂もあります。どうしてみんな、芸能人がワキガかどうかが気になるのでしょうか?芸能人がワキガかどうか知りたい心理について検証してみました。
大好きな彼女がそうだったら!みんなどうしてるの?
「大好きな彼女がワキガだったら?」これは彼氏にとってはもちろん、彼女にとっても非常に切実な問題ですよね。中には彼女自身がにおいに気がついていないケースもあるため、さらに厄介です。彼女がワキガだった場合、みんなどうしているのでしょうか?主なケースを見て行きましょう。
「自覚なし」な人も多い!自覚してもらう方法はある?
ワキガが重度の場合には、本人が部屋に居なくてもにおいが残るほどだと言われます。周りの人にとってみれば「こんなににおうのに、自分では気づかないの?」と不思議に思いますよね。自分のにおいに気づきにくい理由と「自覚なし」のワキガの人に自覚してもらう方法について見て行きましょう。